第177号:戻した採用担当者

昨年末に「戻」の漢字ネタでのコラムをお送りしましたが、本当に採用時期を「戻した」企業が出てきましたね。周知のキヤノンマーケティングジャパン(CMJ)社の「訳あって、今年の採用活動に出遅れます。」宣言です。やってくれたな、というのが率直の感想です。さて、世間はこの一石をどのように受け止めるのでしょうか。

 

このニュースは就職業界関係者にとっては大きな出来事なのですが、世間の反応はそれほど大きくないようです。採用担当者の受け止め方もまちまちで心穏やかではありません。

 

「キヤノングループほどの企業もたいへんなのか。」

「企業業績悪化を美化した上手な広告だ。」

「うちもやりたかったなあ。」

「10月に同社から採用案内のDMが届いてたぞ。」

(*注:この宣言はそのDM発送後に決定されたようです)

 

しかし、根本的なことが忘れられています。

 

日本はグローバル化が遅れている、ガラパゴス化しているとの批判は盛んですが、今の就職・採用活動が恐るべきローカル・スタンダードの横並びの惰性でやっていることを。

大学生活の重要な新学期、それも入社の1年前に大騒ぎの就職イベントをやっている国家が世界にありますか?

 

理由は何でも良いのです。今の異常に早期化・長期化した採用・就職活動が是正されるなら。

大学キャンパスにもう少し平穏を取り戻して欲しいと思います。

 

冷静に見れば、この宣言文は極めて普通の経営感覚で書かれています。先の見えない経済の中で超長期の先行投資が危険なことを平明に伝えています。問題なのは、こうした当たり前の文章が稀少情報でニュースになってしまう日本の世の中の方ですね。

 

1000歩譲って春に採用活動を始めることは良いとしても、ならば夏に就職活動をする学生を無理に拘束するような真似はやめて欲しいと思います。社会も企業も大学も、これを機会に正気に戻ることが大切だと思います。

 

大学教職員の皆さん、一緒にCMJ活動(ちょっと、待て、人事採用!)してみませんか?

 

▼参考URL:

「訳あって、今年の採用活動に出遅れます。」(キヤノンマーケティングジャパン社サイト)

http://teiki.saiyo.jp/canon-mj2011/contents/dm_2/index.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です