第185号:就活保険と時期のミスマッチ

いま、都心の電車で目立つのはリクルート・スーツの女子学生です。ああ、一般職の採用活動がヤマ場なんだな、と感じます。今シーズンの傾向でかなり鮮明に見えた気がするのは、学生の内定時期に明らかな差が出ていることです。端的に言えば、有名上位校・総合職(4月内定者)、中堅校・一般職(5月内定者⇒現在進行中)、ということで、これは時期によって企業の採用意識がかなり明確になってきたということだと思います。

 

こうした傾向がハッキリとしてきた主な理由は、企業の採用予定数が減少してきているからでしょう。超長期化する学生の就職活動に反して、4月以降の企業の採用選考期間は短期化しています。採用数が少ないのですから、当然です。企業は短期決戦で片付けて、時期がきたらあっさり引き上げて無理な採用をしていません。

それは中堅企業の採用活動を見ていても感じます。これまで中堅企業の採用活動は大手が一段落するGW明けからがヤマ場でした。内定辞退者もわかったし、さあ大手の最終選考で不合格になった学生の「落ち穂拾い」を始めるか、と腕まくりをしたものです。ところが不況と言われすぎているせいか、最近は中堅企業も内定辞退者が少なくなってきて、GW明けの追加採用枠があまりありません。採用担当者に状況を尋ねてみると「今年は5月末までに決着をつけます。」という声を良く伺います。

 

そのせいか、学生を見ていると、4月に大手ばかりを回りすぎて全滅したので、5月以降は中堅企業を回り直そう、という学生はなかなか結果が出ずに焦っています。その主な理由は、以下でしょう。

1.有名上位校の学生に中堅校の学生のポジションを取られている

2.いきなり方向転換をしているので、志望動機(業界研究)が浅い

3.内定を1つも持っていない

 

1と2の理由については説明するまでもありませんが、3についてはオヤ?と思われたでしょう。ここでいう内定とは、「第一志望ではなかった企業の内定」です。つまり、この時期に中堅企業に採用されやすいのは4月以前にも中堅企業をある程度、回っていた学生です。本命の有名企業を狙いながら、ちゃんと保険をかけているのですね。笑い話のようですが、4月に生保・損保業界の大手企業ばかり狙っていて結果が出なかった学生は、自分の就職活動に保険をかけるのを忘れているのです。

 

採用担当者もそこを良く見ています。ですから、この時期の採用面接では必ず学生の就職活動状況を質問して内定の有無、もしくは最終選考までいったかを確認します。採用担当者にとって、他企業の内定を持っている学生は安心ですから。まだ自分の選考眼に自信の無い採用担当初心者には、そこを最重視している方もいます。(逆に景気の良いときは、大手の採用選考基準も緩みますので、失敗することもあります。)

 

ということで、学生に注意して欲しいと思うのは、自分の採用活動のポートフォリオ(リスク分散)をしっかり考えることと、資質・志望のミスマッチだけではなく、状況が変わった今は「時期のミスマッチ」も忘れないことですね。4月以前は大挙してやってきた航空・金融志望者等が、この時期に焦って一気に方向転換しているのは、見るに忍びありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です