第62号:「自己紹介」と「自己PR」

就職活動では、採用担当者がどうでも良いと思っていることに意外と悩んでいる学生が多いです。前回、模擬面接について書きましたが、参加学生から一番多かった質問は「『自己紹介』と『自己PR』は何が違うのですか?」でした。面接者は厳密にこの言葉を区別していませんし、面接者毎に定義が違いますから正解などないのですが、デジタル時代で単純にA=Bとの公式でつながらないと動けないのは今の学生の大きな傾向のようですね。

あまりに悩んで眠れそうもない学生が居たので、下記のようなアドバイスを伝えました。

「自己紹介」=口頭で伝える自分の名刺、インデックスのようなもの、1分程度。

「自己PR」=自己紹介で出した項目(インデックス)の具体例等をあげながら自分のアピールポイントを説明すること。長くても3分位まで。

ということで、もし面接者が「1分程度で自己紹介して下さい。」と言われたら、その企業で伝えたいこと(主な活動や長所等)を3件位あげてみる。

もし「3分位で自己紹介(自己PR)を・・・」と言われたら、上記のインデックス(自己紹介)から始めて詳細(自己PR)を付け加える。用意した内容を全部話す必要はなく「3件有りますが、特に××について述べます。」とその企業に一番適していそうな1件(自分が一番、その企業の採用担当者に売り込みたい点)を集中的に話しても構いません。

特に時間指定もなく「自己紹介(自己PR)して下さい」と言われたら臨機応変に判断して(どうもデジタル世代にはこれができないようですが・・・)、まずは1分位話してみて、面接者の反応を見ながら続けるかどうか判断すれば良いです。よく考えればわかることですが、初対面の人間に最初から3分間も話されたら、それだけで第一印象はあまり良くないでしょう。

一番、面接者が聞かされたくないのは、用意したことをテープのように話されることです。特に履歴書やエントリーシートのままに話されたら、面接者の心情は間違いなく「早く終わってくれ。」となっています。とはいうものの、就職活動の最初の段階では決められた文書を話すことから始める方がとりつきやすいのも確かです。早く「会話」としてそれを伝えられるようになって欲しいです。スポーツでも芸術でも基本の型の練習はつまらないですが、それを踏まえて応用ができて個性が出てきます。

とある週刊誌の記事に「内定とれる面接」という特集がありました。その中で超有名企業の採用担当者が、「志望動機・自己PRは聞かない。行動事実だけを話せばよい。それで会社の方が判断する。」と発言されておりました。この記事だけでは真意はわかりませんが、私には何とも学生を見下した書き方と映りました。背景には、確かに年々低下(超マニュアル化、生徒化)する大学生の実態があります。行動実績中心に質問するのが最近の面接の主流であり、採用担当者の判断のバラツキもなくなるでしょうが、肝心なのは行動実績を学生がどう捉えて今後に活かしていくかという点だと思います。それが志望動機と自己PRに繋がっていれば、何の問題もありません。私は過去の行動実績を本人がどう捉えているか、その見方や発見こそが良い自己PRと考えております。そんな志望動機や自己PRは是非、聴かせて戴きたいと考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です