第314号:「容姿端麗」の風評利益

就職活動で常に高い人気を誇るのがキャビンアテンダント(CA)ですね。航空業界はグローバル市場の乱気流に巻き込まれて業績も乱高下ですが、日本のCAだけは常に安定した高高度人気職種です。労働条件もますます厳しくなりながら、この業界は「風評利益」に恵まれています。

 

つい先日、私の女子学生から就職相談がありました。まだ1年生なのに早いなあ、と思いつつ話しを聴いてみることに。

学生「CAになりたいのですが不安なのです・・・」

私 「ほう、何が不安なの?」

学生「周りにCAを志願している人が多くて・・・」

私 「うん、人気職種だからね。」

学生「部活の先輩がCAに内定したのですが・・・」

私 「おお、それはいろいろ教えて貰えるね。」

学生「でも先輩はとても美人で勉強もできて・・・」

私 「まだ1年生だから頑張る時間はあるよね。」

学生「でも容姿はもう変わらないと思うので・・・」

私 「じゃあ、諦めるの?」

学生「子供の頃から夢なので諦められなくて・・・」

私 「じゃあ、頑張ろうよ。」

学生「でも、本当になれるのかどうか不安で・・・」

 

と、小一時間、自分探しの旅にお付き合いしましたが、相談後にだいぶスッキリした顔つきになったのは良かったです。(容姿はそうすぐに変わりませんが、顔つきは変わりますね。)

 

乙女心をかき立てる航空業界は罪深いなあと思いつつ、たまたま人事の方に聞いたら「いや、それはこちらも困っているのです。人気が先行してしまって・・・」との当惑したご様子。一般企業からすれば、相当な費用をかけて知名度向上をはかるのに羨ましいことですが。

 

ここまでは良くある話しですが、先日、大学内でもこうした『風評利益』が起きていることを発見して驚きました。大学は来期のゼミ選考の時期ですが、その中に美人ばかりのゼミがあるのです。学生達は「昔からあの先生は面食いだから」といいますが、先生は頑なに否定しているとのこと。ことの真実はさておき、そうした過去の実績のせいで学生間では「あのゼミに入れたら美形!」との風評が確立し、宣伝も何もしないのに毎年美形が集まり続けています。

 

これは最新のマーケティング4.0か!と思いつつ、一般企業で妙に美形社員を採用担当者に据えている企業が数社浮かびました。げに採用戦略とは罪深く悩ましいものです。

 

▼参考URL:「容姿端麗」は、CAになる必須条件なのか(東洋経済オンライン)

http://toyokeizai.net/articles/-/86875

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です